旅楽園

旅の記録が役に立つかも

ブログのもくじ
まとめ洗い場付きバスルームがあるホテル札幌
とうきびモナカ食べ比べ

【札幌】【宿泊レポ】トラベロッジ札幌すすきの<スーペリアシティビューツイン>に泊まりました

※当ブログには広告やPRが含まれています

スーペリアシティビューツイン
    • 宿泊施設名:トラベロッジ札幌すすきの
    • 部屋タイプ:スーペリアシティビューツイン(17㎡)
    • 宿泊時期 :2024年5月(平日1泊)

 

アクセス

すすきの駅から徒歩3分とアクセス良好です。
隣にコンビニ(ファミマ)あり。

 

宿泊レポ

エレベーターなど

エレベーターはルームキーをかざして客室階のボタンを押す、セキュリティバッチリタイプでした。


客室フロアのエレベーターホール。
エレベーターは3基あります。

お部屋(スーペリアシティビューツイン)


お部屋はこんな感じ。
コンパクトながら過ごしやすかったです。

お部屋の入口側から見ていきます。
ドアを背にした写真と部屋の奥から撮った写真。


ルームキーを差し込むタイプです。


こちらのクローゼットエリアにはハンガー類や全身鏡があります。

ベッド2台。
ベッド同士の距離はしっかり離れているのでカニ歩きせずに済みます。


ベッドサイドテーブルにはティッシュ(正方形)とデジタル時計、スタンドミラーが置いてあります。
コンセントとUSB差込口が2つずつ。
その下にはドライヤーと使い捨てスリッパが収納されていました。


こちらのドライヤーは強風で、別途COLDボタンがあるので強風のまま冷風を出せます。


柔らかいけど弾力のある枕が2つ。
高さが出て首が曲がってしまうので、私は枕なしで寝ました。
(ベッドがかためのため枕なしでも頭が沈み込むことはなくて快適)


ベッド下には収納スペース。
口コミでも頻繁に言われていますが、ベッドに高さがあります。
身長160cmの股下くらいの高さで、よっこいしょと登る感じになるので小柄な方はちょっと大変かもしれません。


ベッド側から見たテレビ。
広角撮影のためこの写真では小さく見えますが、実際は結構大きいです。

テレビはやや下向きでベッドから見やすい角度になっています。
HDMI差込口もありますが、コードが長くないと使うのはきついかも。
また、リモコンにネトフリやアマプラのボタンがありますが「ネットワークが確認できません」と表示されるだけで利用することはできません。


空気清浄機あり。


移動式テーブルと物置台。


キャスター付きのテーブルは簡単に移動することができるので、必要な時に使いたい場所で利用できます。


ベンチ型のソファ。
わりと固めで座りやすい。

足元には冷蔵庫(空)とセーフティーボックス。

インスタントコーヒー(ドトール)とお茶ティーバッグ。
湯沸かしケトルの後ろの壁にコンセント2つとUSB差込口1つ。

マグカップとスプーン、下にはゴミ箱。
バゲージラックも立てかけてありました。


ベンチ型ソファに座った景色。
(広角撮影なのでテレビが小さく見えますが実際はちゃんと大きいサイズです)

エアコンと空調パネルはこちら。
冷暖房の切り替えも可能です。

バスルーム、洗面台、トイレ

水回りエリアへのドアはこちら。
テレビ塔が描かれています。


お部屋と同様、コンパクトな造りで使いやすかったです。
(個人的には、シャワーカーテン付きのユニットバスよりこちらの方が超快適!)


ウォシュレット付きトイレ。
トイレットペーパーはダブルでした。

トイレの上あたりの位置に、タオル類が置かれています。


洗面台。
歯磨きコップと歯ブラシセットあり。

ガラス張りのシャワールーム。

縦長なブースのため、シャワーを正面にして立って頭を洗う時は気を付けないと肘が壁にぶつかります。
また、シャワーホルダーが2つありますがどちらも位置が高いのでシャワーを出しっぱなしにすると顔面にお湯が直撃します(ちょろちょろ出しにすれば平気です)。

シャンプー、コンディショナー、ボディソープ。
シャワー持ち手付近のスイッチでシャワーを出したり止めたりもできました。


レインシャワーもあります。
最初は冷たい水が出るのでご注意ください。

窓、カーテン

ロールカーテンです。
窓は開閉不可。


一応最上階「シティビュー」とのことですが、悪天候もあってか微妙な感じ。
ただしシティビュープランを予約するとおそらく高層階の部屋を割り当てられるので、外の音が気にならなくなるという付加価値があります。

 

その他

ベッドの上に部屋着(パジャマ、ナイトウェア)が置いてあります。
上下共に七分丈くらい(身長160cm着用)。
柔らかくて肌触りが良い素材でした。

 

防音性

先述の通りシティビュープランなので高層階が割り当てられたからか、外の音は気になりませんでした。
廊下の音や隣室の音も気にならずです。

個人的感想

コンパクトでリーズナブルながら、使い勝手が悪くなくキレイで快適でした。
部屋自体は広くないため、勝手知ったる仲の人との旅行かシングル利用にオススメできます。
コンセント(&USB差込口)が多めなのも嬉しいポイント。
「ラグジュアリーなホテルステイ」ではなくコスパ重視派には最高だと思います。


今回のホテルステイ記念撮影。
色々用事を済ませて疲れたので隣のファミマにお世話になりました。
ちょっとご褒美ハーゲンダッツバニラも…(笑)

 

予約サイト

ホテルを予約するなら自分にとって使い勝手のいいポイントが貯まるサイトで予約しましょう!
(ちなみに私は主に楽天トラベル、じゃらんを利用しています。たまに一休も)

【楽天トラベル】
色々な場面で貯まりやすく使いやすい楽天ポイントは
楽天トラベル+楽天カード利用で2倍です。
年会費永年無料の楽天カード新規入会で最大5000ポイント進呈されます(カード発行で2000ポイント&1円以上利用で3000ポイント)。
旅楽園 の楽天カード紹介ページ/楽天カードを紹介すると紹介された方が1000ポイントもらえるキャンペーンを開催中です。つまり上記の新規入会5000ポイント+紹介1000ポイントで合計して6000ポイント進呈ということになります!(ただし紹介した側も1000ポイントもらえますので、私にも紹介料として1000ポイント付与されることを先にお伝えしておきます。お互いに個人情報は一切わからないようになっていますのでご安心くださいませ😊)

【じゃらん】
ホテル利用や旅行を定期的にする場合は
旅行予約サイトとしてはポイント還元率が2%と高いじゃらんnetがオススメ。
じゃらんnet+リクルートカード利用で還元率は最大3.2%まで上がります。
【リクルートカード(Recruit Card)】年会費永年無料新規入会で最大6000ポイント進呈されます(新規入会で1000ポイント&1円以上利用で1000ポイント&携帯電話料金決済で4000ポイント)。

【JTB】
トラブル時の迅速な対応など手厚いサポートを求める場合は
大手旅行会社のJTBが安心です。
JTBトラベルポイントはJTB旅カード利用で還元率が上がります
JTB旅カード/入会&カード利用で最大4600~20000ポイント進呈されます。ただしどの種類のカードも年会費がかかります

【一休】
ポイントを貯めたり使ったりするのは面倒という場合は
本来貯まるポイントをその場で使えてしまう一休がオススメ。
貯めたポイントを利用する機会が無くて損をする…ということがありません。

【るるぶ】
実は運営会社がJTBな、るるぶ

JTBでもホテルのネット予約に特化したブランドと言えます。
JTBトラベルポイントを貯めつつさくっとネット予約したい場合はるるぶがオススメです。
JTB旅カード/入会&カード利用で最大4600~20000ポイント進呈されます。ただしどの種類のカードも年会費がかかります

【Yahoo!トラベル】
普段からPayPayを利用している場合は
PayPayポイントが貯まるYahoo!トラベルが良いかもしれません。
これを機にPayPayデビューする人はPayPayカードを発行しておきましょう。
永年年会費無料のPayPayカード

 

関連記事