旅楽園

旅の記録が役に立つかも

ブログのもくじ
まとめ洗い場付きバスルームがあるホテル札幌
とうきびモナカ食べ比べ

【池袋】【宿泊レポ】the b 池袋<ユニバーサルツインルーム(多分)>に泊まりました

※当ブログには広告やPRが含まれています

今回は、としまえん跡地にできたハリーポッタースタジオツアー東京に行くため利用したホテルのご紹介です。

混雑していない朝イチに行きたかった(朝イチ、めっちゃ良かったです!→ 朝イチ訪問記事【前編】)のでなるべく近い場所のホテルを…と思っていたのですが、ハリーポッタースタジオツアー周辺にホテルはありません

色々調べた結果、わかったのは2点。
・としまえん駅にアクセスが良くホテルもあるのは池袋駅周辺
・どうやら池袋駅は西口より東口の方が治安が良いらしい

ホテル到着は夜になる予定なので、無用なトラブルや不安要素は避けたいです。
そしてできることならお値段を抑えたい!

と、色々天秤にかけた結果選んだのが「the b 池袋」でした。

また、今回デラックスツインルームを予約していましたが当日行くと「広いお部屋に」とランクアップしてくださり、思いがけず私の大好物である洗い場付きバスルームのお部屋に泊まることができました!
水回りエリアの手すりの多さから、ホテル公式サイト等のルームタイプ一覧には見当たらなかったユニバーサルツインルームのようです
本当に必要なお客さんのためにサイト等からの予約はできないようになっているのかもしれませんね。予約が入っていない日にランダムでランクアップしているのだと思われます。

水回り以外はほぼデラックスツインルームと同じと思われます。

 

    • 宿泊施設名:the b 池袋
    • 部屋タイプ:ユニバーサルツインルーム(多分。24㎡以上?部屋の広さ等の情報見当たらず。予約していたデラックスルームが23㎡でそれより広い部屋のよう)
    • 宿泊時期 :2023年11月(平日1泊)

 

アクセス

池袋駅東口から徒歩3分とのことですが、池袋駅自体が広いので体感的にはもう少し遠いです。スーツケースがあっても苦には感じませんでした。
目の前にコンビニ(セブンイレブン)があって便利。道を挟んで正面に位置しています。ホテル玄関目の前に横断歩道があるので行きやすいです。

 

宿泊レポ

外観


先述のコンビニの前から撮ったホテル外観です。
写真左手に横断歩道があります。
わかりやすく「the b ikebukuro」と書いてあるのと、2階のイタリアン(サルヴァトーレ)も目印になると思います。

 

ロビー、エレベーターなど

フロントでチェックインしながら後ろを振り向いてパシャリ。
写っていませんが写真左手にイスがいくつかあります。

アメニティバーにはヘアブラシ、カミソリのほか洗顔・ローション・ミルク・クレンジングがあります。

エレベーター(2基)。

客室フロア。
ユニバーサルルームに続く右手の廊下には手すりが付いています。

 

お部屋(ユニバーサルツインルーム)

狭苦しくなく、ちょうどよいサイズ感の快適なお部屋でした。

まずはお部屋入口から見ていきます。
廊下を部屋の奥から撮った写真とドアから撮った写真。


廊下のクローゼットエリア。
全身鏡があります。

ハンガー、靴ベラ、ブラシ、靴磨き。

部屋の奥へ進んでメインエリアへ。

先にこちらのテレビ周りから見ていきましょう。

テレビの右側には湯沸かしケトル、マグカップ&グラスとアイスペール、消臭スプレーが置いてあります。

その下の棚には上からランドリーバッグ、ドライヤー(風力弱めでした)、使い捨てスリッパ。
バゲージラックも立てかけられていました。


しっかりしたタイプの使い捨てスリッパ。

冷蔵庫(空)と、ゴミ箱。

小規模ですがデスクもあります。
ちなみにお部屋にあるイスはこちらのデスクチェアのみ(スーペリアツインやデラックスツインの写真を見るとイスが2つあるようなので、車椅子+1人という想定ゆえかも?)。

机上にはコンセント差し込み口やティッシュ、メモ帳、電話あり。
デスクの下にはコンセントも。

ベッドが2台。
ベッド同士の距離もあり通路が確保されているためカニ歩きせずに済みます。

サイドテーブルはありませんが、このように物を置けるスペースはあります。
読書灯、コンセント、時計あり。

枕は2つ。
部屋着(ナイトウェア、パジャマ)はワンピースタイプです。

ベッド側からの景色。

カーテンはリモコンで操作できるようになっていました。
レースカーテンあり。

バスルーム、洗面所、トイレ

水回りエリアへのドアは引き戸です。

左手にトイレ、正面にバスルーム、右手に洗面台。
トイレの上の棚にバスタオルが置いてあります。

ユニバーサルルームがゆえにトイレの座面が高いです。
そして何か理由があるのかもしれませんが、トイレットペーパーの位置もなぜか高め。

 


続きまして洗面台。

歯ブラシセット(コップに突っ込まれてる…)、あるとありがたいボディタオルと綿棒も。

使いやすさ抜群の洗面台です!
大きく広いこともそうですが、蛇口がド正面にないのが顔洗うとき地味に快適。

 

洗い場付きバスルームも引き戸です。

バスタブも洗い場も広め。
手すりはもちろん、タオル掛けもあって至れり尽くせりです。

イス&洗い桶&手桶(珍しい!)、バスタブ奥にシャンプー、コンディショナー、ボディーソープ。

シャワーの水圧は弱めです(他の部屋タイプだとバスルーム自体新しそうでシャワーの見た目も違ったのでユニバーサルルームだけかも)。
また、バスタブ側の蛇口は温度調節の反映に少し時間がかかるので様子を見ながらお湯をためるのが良さそうです。

 

その他

エアコンのパネルはここにあります。
しかし冷暖房の切り替えはできない様子。
風呂上りは冷房で部屋を涼しくしておきたかったのですが、17℃設定にしてもあたたかい風が出てきました(11月下旬宿泊)。

 

防音性について

外の音は結構聞こえます。
今回は3階のお部屋だったからか余計に車が通る音が聞こえた印象です。

個人的感想

さすがユニバーサルルーム、動線が確保され快適なお部屋でした。
唯一使いづらいな~と思ったのはトイレットペーパーの位置が高いということくらい。
また、やや古めな印象が見受けられる部分もありましたが清潔感があるので問題なし。
ちなみに一緒に宿泊した母にも気に入ってもらえました。

デラックスツインルームなら水回りエリア以外はほぼ同じ規模と思われます。
「池袋駅東口で料金抑えめながらちゃんとしたホテル!」という点でとてもオススメですので、私のように遠方勢&ハリポタスタジオツアーで散財確定という方はぜひ(笑)

※ちなみに北海道札幌市在住の所感として…
夜に池袋駅からホテルまで歩きましたが、駅構内で楽しそうにしているグループが多いな~というだけで、駅を出たあとは酔っ払いもおらず治安の悪さは感じませんでした(西口の方へは行っていないですが、東口にしてやっぱり正解なのかも…?)

それとサツエキの比じゃないくらい地下がわかりにくかったです!
とりあえず目的地の方角でいったん地上に出てしまうのが吉。
荷物が多い場合は、地下直結の百貨店や大型商業施設だとエレベーターがあるのでそれらを経由すると便利です。

 

予約サイト

関連記事